読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

techium

このブログは何かに追われないと頑張れない人たちが週一更新をノルマに技術情報を発信するブログです。もし何か調査して欲しい内容がありましたら、@kobashinG or @muchiki0226 までいただけますと気が向いたら調査するかもしれません。

Google Nearby Messages APIを使ってみる〜セットアップ編〜

Nearby Messages APIはBluetooth Bluetooth Low Energy Wi-Fi 超音波モデムの組み合わせでデバイス間通信を行う仕組みである。
GooglePlayServicesの一部として提供されている
Nearby Mesasges APIを利用可能なバージョンは以下のとおりである。
Android OS:2.3以上
Google Play Services:7.8.0以上

セットアップ方法を以下に示す。

1. Android SDK Managerを開き、SDK Toolsから以下の2つをダウンロードする

GooglePlayServices 、Google Repository

2. Googleアカウントを作成する

Nearby Messages APIを使用するためにGoogleアカウントが必要となる。
テストと本番では別々のアカウントを用意したほうが良い。

3. 以下の手順でNearby Messages APIを有効にし、APIキーを取得する

  1. GoogleDeveloperConsoleへアクセスする
  2. 新しいプロジェクトを選択し、「続行」をクリックする f:id:forestsoftjpdev:20160613225157p:plain
  3. SHA-1フィンガープリントとアプリのパッケージ名を入力し、作成をクリックする
    f:id:forestsoftjpdev:20160613225205p:plain SHA-1フィンガープリントの確認方法は以下のとおり
    今回はdebug.keystoreを使用する
keytool -list -v -keystore ~/.android/debug.keystore

キーストアのパスワードを入力してください:

キーストアのパスワードは「android」となっている
上記はMacの場合のパスである。

4. Androidプロジェクトの設定を行う

build.gradleに以下の記述を追加

dependencies {
    compile 'com.google.android.gms:play-services-nearby:9.0.2'
}

AndroidManifest.xmlに<meta-data>タグを追加

<manifest xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    package="com.google.sample.app" >
    <application ...>
        <meta-data
            android:name="com.google.android.nearby.messages.API_KEY"
            android:value="ここに取得したAPIキーを入力" />
        <activity>
        ...
        </activity>
    </application>
</manifest>

これでセットアップは完了である
次回から通信のためのAPIについて説明する