読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

techium

このブログは何かに追われないと頑張れない人たちが週一更新をノルマに技術情報を発信するブログです。もし何か調査して欲しい内容がありましたら、@kobashinG or @muchiki0226 までいただけますと気が向いたら調査するかもしれません。

サムザップテックナイトvol.1 に参加してきました

サムザップテックナイトvol.1 に参加してきました

株式会社サムザップが開催する下記に参加してきました。
【好評により増席!】サムザップテックナイトvol.1 - connpass

【サムザップテックナイトとは?】 テーマに合わせて専門性の高い方をお呼びし、全てのスマートフォンゲームクリエイターの方々に「実地で活かせる生の情報」を持ち帰っていただける勉強会を実施し、スマートフォンゲーム業界を盛り上げていくことを目的に定期的に開催する予定です。  .  .  . 第1回目は、吉羽龍太郎氏にご登壇いただきます。 内容は「強いチームの作り方 デブサミ2016バージョン #devsumiC」。 ベストスピーカー賞を受賞したときの内容を今回特別に再演となりますので、お見逃しなく…!

というわけで、定期的に開催される予定とのこと。
vol.1 に参加した感想としては大変面白く、vol.2 もぜひ参加したいと思える内容でした。
次回の情報を楽しみに待ちつつ、今回の内容をさらっとご紹介。

資料は下記に公開されています。(ありがたや)

強いチームのつくり方 デブサミ2016バージョン #devsumiC | Ryuzee.com (on Azure)

続きを読む

AutoLayout入門

Viewの矩形を表示する

矩形を表示することで、Viewのサイズや実際の表示位置、他のViewとの距離などをデバッグしやすくなる。 Viewをデバッグするときは表示させてみると良い。

以下の手順でViewの矩形を表示できる

  1. ワークスペースツールバーからScheme MenuからEdit Schemeをクリックする f:id:forestsoftjpdev:20161124001514p:plain
  2. ビルド設定RunのArgmentを開く f:id:forestsoftjpdev:20161124001624p:plain
  3. Argment Passed on Launchに[-UIViewShowAlignmentRects YES]を追加して閉じる f:id:forestsoftjpdev:20161124001640p:plain
  4. Runボタンを押し、シミュレータを起動する
    f:id:forestsoftjpdev:20161124001728p:plain:w300 f:id:forestsoftjpdev:20161124001958p:plain:w300
    矩形なしと比べてみると、矩形ありの方がボタンの実際のサイズが視覚的に理解出来る。

以上。

StreamAPIをAndroidで使いたい時にRxJavaとLightweight-Stream-APIどちらを選べばいいのか調べるため計測してみました

Androidのアプリ開発をする際にJava8のStreamAPIを使いたいと考えることがあると思います。

2016/11/12時点では次の2つのライブラリでSteramAPIを使うことを可能とします。

  • Lightweight-Stream-API
  • RxJava

StreamAPIを外部のライブラリで実現した際に遅いということが話題になることがあるのでできるだけ早いライブラリを利用したほうが良いと思います。

そこで計測してみました。

続きを読む

Rails Tutorial 5 Modeling users

Chapter 6/ Modeling users | Ruby on Rails Tutorial (Rails 5) | Softcover.io

ユーザー登録ページを作っていく。
ユーザー用のデータモデルの作成と、データを保存する手段の確保について学ぶ。

  • Chapter 6/ Modeling users | Ruby on Rails Tutorial (Rails 5) | Softcover.io
    • データベースの移行
    • modelファイル
    • ユーザオブジェクトの作成
    • ユーザの検証
      • Validating presence
      • Length validation
      • Format validation
      • Uniqueness validation
    • Adding a secure password
      • Minimum password standards
      • Creating and authenticating a user
    • デプロイ
    • まとめ
続きを読む